dotimpactによる活動と興味の最新情報
Apr, 17 2005 (Sun)

"dotimpact" 田中孝太郎

[/info]



つづきを読む▼
at 2005-04-17 13 13。ァ01 / permalink / はてなブックマーク /del.icio.us / MM/Memo
Aug, 09 2005 (Tue)

Modulobeで遊んでみた

[/joy]

江渡浩一郎さんが現在産総研のプロジェクトで開発しているコンピュータ上でフレームを組み立てて仮想生物を作る物理シミュレーション環境「Modulobe」のbeta版がちょっと前にリリースされています。はまってしまうのは目に見えてるのでなかなか触れなかったんですが、夏休み的に時間ができたのでいろいろやってみました。


デスクトップで起動したらかなり致命的に落ちたので(ビデオドライバを新しくしたら直りましたが、原因はわかりません)しばらくノート(タブレットPC)で遊んでたんですが、タブレットだとかなり直感的にいじれてすごく楽しい。シミュレーションが重いのかCPUパワーをかなり(うちのTC1100だと常に計算率80%以上になります)使うのでバッテリを消耗する&本体が持てないくらい熱くなるのが残念。外で暇なときに遊べたりすると楽しそうなんだけど。

むかしプレステに「パネキット」というゲームがありましたが、あれをもうちょっとシンプルにした、というか、もうちょっとゲームっぽくなくした感じでしょうか(そのはずでパネキットのスタッフの渡辺kuniさんもModulobeの開発にもかかわってるそうです)。“シャフト”と呼ばれる骨組みと“リンク”と呼ばれる駆動部(つながったモジュールとの接合部を曲げる動きをつけられる)というふたつのモジュールを角度をつけながらうまくつないでいくと、ちゃんと物理法則にのっとっていろんな動きをするモノがつくれます。具体的に言うとシャフトの連結方式はパネキットで、リンクの動きの指定はsodaconstractorぽい(? そうでもないかな)感じ。慣れるまではけっこう難しいですが、しばらくいじってみてコピー&ペーストも活用できるころには(2,3時間くらいずっと触ってたんですが)、もうかなりシャフトの組み合わせる角度やリンクとの使い分けが頭に入ってきて、形が想像で作れるようになりました。いまも「あー、こうしてこうすると8の字走行する3輪車とか作れそうだなー」というアイデアが浮かんできてまた遊んでしまいそうです。


sodaplayなんかより環境の自由度が高いぶん、ここから先どうバージョンアップしていくのかが楽しみです。がんばってください!>etoさん

at 2005-08-09 12 12。ァ57 / permalink / はてなブックマーク /del.icio.us / MM/Memo
Mar, 02 2006 (Thu)

必見必見

[/life]
■きのうのメディア芸術祭と「ユビキタス・ガジェット」の話。

メディア芸術祭は1時間くらいでざっと見ただけなんだけど。ひっかかってくる作品は映像作品が多かった気がした。


とか面白かったな(というか、ほかのも面白そうだったけどちゃんと観れなかった)。

アート部門は毎度ながら展示スペースがすごく制限されてるからちとつらいなーと(あと、すでに見たことある作品が多かったので新鮮味もあんまりだったような)。

■もうひとつ、秋葉原ダイビルの産学交流ゾーン「アキバテクノクラブ」で行われたイベント「ユビキタス・ガジェット」に参加してきた。はこだて未来大学の迎山和司さんが中心になって開催されている「未来パーティ」というイベントがあって、今回はそれの最終回だそう(ちなみに前回のイベントでは、僕にも声がかかって発表させてもらったりしました。mixiにコミュニティがあるので興味ある方はどうぞ)。

今回は増井俊之さんがホストで、氏の推薦で招かれた実験的なインターフェイスや作品を作られている方々のプレゼンとデモ、という内容。「ユビキタス・ガジェット」というテーマは後から決まったそうで全員が「こんなテーマだったとは聞いてなかった」と言っていたような気がするけど、実際はUI研究で有名な方々が集まっていたかっこうで、すげーかっこいいユーザーインターフェイスを動くデモで見せてもらえて、たいへん刺激的だった(内容については塚本牧生さんのmixi日記に詳しくまとまってます)。

最近ものすごく話題になってた「Multi-Touch Interaction Researchとかもそうだったけど、新しいユーザーインターフェイスとそれによって開かれる世界というのは、話だけ聞いてもぜんぜんぴんとこないのに、実際に動くものを見たり自分で体験したりすると以後の認識がまるっきり入れ替わってしまったりするものだと思うので、こういうデモが見られる機会がもっとあるといいな。とりあえず渡辺恵太さんのVisualHapticsとか五十嵐健夫さんのAs-Rigid-As-Possible Shape Manipulationはデモや映像が公開されてるので来れなかった人も必見必見。



つづきを読む▼
at 2006-03-02 02 02。ァ29 / permalink / はてなブックマーク /del.icio.us / MM/Memo

Generated by lily 0.1.5
Powered by ruby 1.8.7